<   2017年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧


梅酒と自転車

d0362800_17441569.jpg


梅を頂いたので2年ぶりに梅酒を作る。


梅酒ビンだけではさみしいので、自転車も一緒にパチリ。


随分乗っていない主人の自転車。
オブジェになりつつある可哀想な自転車……
[PR]

by ou-woman | 2017-06-27 17:38

蘇民将来

図書館に久しぶりに行った。
蘇民将来について何か資料があればと思っていた。


郷土資料の棚にこれを見つけた。

d0362800_18570860.jpg


「蘇民将来」という珍しい行事についてわかりやすく書いてある(子供向けの本なので…)

古海地区では昔から正月の特別な日(12日)、午前中姫宮神社で神事が行われ、午後からは地区の集会所で宮司さんが祝詞をあげ、一年間の無病息災を祈念する。
その後、料理を食べ当番が準備した柳の木の枝(長さ30センチで、先端を削って尖らせておく)に「蘇民将来末社小神」と墨で書く。
それから集落の入口5ヵ所(昔は7ヵ所)にその柳のお札を立てる。



蘇民将来については以前ブログで紹介したが詳しくはこれ!

d0362800_18571305.jpg

[PR]

by ou-woman | 2017-06-22 18:37

赤毛のアンの故郷の名前

鳥取県日南町阿毘縁のハーブ園へ今年も行った‼
「ハーブデイズ・アボンリー」
アボンリーとは赤毛のアンの故郷の名前。


今年は寒い日が続き開花が遅れがち。

先日のイベントより今が見頃だそうだ。



d0362800_10225979.jpg


d0362800_10230180.jpg


d0362800_10230425.jpg


d0362800_10230935.jpg


d0362800_10231211.jpg


d0362800_10231639.jpg


d0362800_10232003.jpg


d0362800_10232536.jpg


d0362800_10232816.jpg


d0362800_10233174.jpg


入園料はハーブティ付きで500円。

オーナーの岸さんご夫婦と楽しいおしゃべり……
外は鳥のさえずりと風の音だけ。

今年は6月いっぱいまでの営業で、7月からは近くの古民家カフェ「くつろぎ空間 山の神」での営業に切り替わる。

少し松江からは遠いが毎年訪れることにしている。

[PR]

by ou-woman | 2017-06-21 10:08 | お出かけ

大呂神社


鳥取県日南町のハーブ園へ行くまでに横田町を通る。

以前から気になっていた鳥居に行ってみた。

d0362800_12022222.jpg


大呂神社の白い鳥居

d0362800_12023322.jpg


草が参道に……ちょっと残念。

境内も草が……参拝する。
d0362800_12024000.jpg


d0362800_12024536.jpg


ここの由緒は色々あるみたいなので調べてから報告することにする。

ここからは鳥上山とも言われる船通山が見える。
麓へ降ったスサノオは八岐大蛇を退治したとされる。

d0362800_12024971.jpg


毎年7月28日に頂上で奉納神事「宣揚祭」が行われる。
[PR]

by ou-woman | 2017-06-20 11:39 | 神社、石神様巡り

セロ弾きのゴーシュ

d0362800_21523247.jpg


宮沢賢治の童話「セロ弾きのゴーシュ」

劇団あしぶえの公演が島根県松江市八雲町の
しいの実シアターであった。

5年前にも観劇したが、内容は忘れていた。
d0362800_21523688.jpg


d0362800_21524067.jpg


早めに出たつもりだったが、上演20分前で8割強席はうまっていた。

照明のトラブルがあったらしいが、演出だと思い気にならなかった。
d0362800_21524311.jpg



あらすじ

音楽団員のゴーシュは下手で楽長からいつも叱られていた。
音楽会をひかえて猛練習をしているゴーシュの家へ動物達が訪れ、大切なことを教える。
気づかないうちに上達していたゴーシュは、演奏会のアンコールを一人ですることに……
演奏会は成功し、動物達に感謝するのだった。



劇団あしぶえは創立50周年だそうです。

小さな劇場しいの実シアターは100人も入ればいっぱい。
でも、演劇界では有名だとか。


午前でここを後にし、日南町阿毘縁のハーブ園へ急いだ。
[PR]

by ou-woman | 2017-06-18 21:31

波多神社

小須佐田から掛合に抜ける道は狭くて困った。
感覚ナビなもので急に道が悪くなることがある。
どうしても道に迷ったら左へ行ってしまう。

波多地区まで出たら神社発見!「波多神社」

d0362800_10302111.jpg


d0362800_10302642.jpg


出雲国風土記にしか出てこない神社だ。

手水舎が初めて見た"亀"

d0362800_10303249.jpg


御祭神は波多都美命(ハタツミノミコト)
天からこの地へ降臨されたとされ、この地が「波多」となる。

d0362800_10303796.jpg
d0362800_10304363.jpg
d0362800_10304928.jpg


参拝を終えると、1台の車が駐車場へ入って来た。
カメラを持った中年男性。

「こんにちは、同じ趣味ですね~~」

神社巡り……御朱印集めは別として男性が多いな……

まだ明るいが家まで1時間以上かかるからこれで終了。

1㎞ほど走ると左手に鳥居が……
石段もお社も見えない。
ちょっと行きにくいな。
M隊長に聞いてからにしよう。

さぁー帰ろう。
[PR]

by ou-woman | 2017-06-14 10:08 | 神社、石神様巡り

東京土産

d0362800_11064441.jpg


「とらや」の水羊羹をお土産に頂いた。
[PR]

by ou-woman | 2017-06-13 11:03 | 食べ物

多倍神社

「石神さんを訪ねて」 出雲の巨石信仰
に載っている神社参拝。

今回は出雲市佐田町の多倍神社

d0362800_13512977.jpg


d0362800_13513674.jpg


d0362800_13514245.jpg


d0362800_13515039.jpg


本殿裏に「首岩」と呼ばれている二つの巨石がある。
スサノオノミコトが村人を苦しめていた鬼を退治し、その首を埋め岩を置いて鎮めたとされる。

御祭神はスサノオノミコト

巨石が寄り添う様子から「夫婦円満のご利益がある」とされる。

スサノオノミコトはこの地を気に入り、大須佐田、小須佐田と定めた。

d0362800_13515657.jpg



d0362800_13520181.jpg


この本の制覇はまだまだ……
残り26社!

[PR]

by ou-woman | 2017-06-12 13:37 | 神社、石神様巡り

チケット届く

d0362800_13161695.jpg


森の劇場しいの実シアターで、劇団あしぶえの舞台がある。

上演170回、3万6千人が観たあしぶえの代表作「セロ弾きのゴーシュ」
18日午前の公演のチケットが届いた。

感想は観劇してから……
[PR]

by ou-woman | 2017-06-10 12:15

二つの山狭神社

島根県安来市広瀬から奥、下山佐集落にある山狭神社(下山狭)へ到着。

d0362800_10502804.jpg


d0362800_10503596.jpg


長い参道…

d0362800_10504435.jpg


やっと神門

d0362800_10505133.jpg


d0362800_10510044.jpg


御祭神は多い
伊邪那岐
伊邪那美
速玉男命
事解男命
久志美気能命

さらに奥へ……大東久野方面へ~


d0362800_10510703.jpg


もう一つの山狭神社(上山狭)

d0362800_10511667.jpg


d0362800_10512391.jpg


d0362800_10513019.jpg


d0362800_10513943.jpg


御祭神の久志美気能命は、八雲町の熊野大社の御祭神と同じで、何らかの関係があるとされる。


ずっと気になっていた神社だった。
やっと参拝することが出来た。
久野方面道路沿いにまだ参拝出来ていない神社、三社発見!

またの機会に……この後、出雲国風土記にも出てくる湯村温泉へ行った。
[PR]

by ou-woman | 2017-06-07 10:29 | 神社、石神様巡り
line

独りが好きなさみしがりやの日常


by ou-woman
line
カレンダー